信じあえる人と人の絆を繋ぐgo3it

2008年10月1日

せせらき(個人) エプラビゼ(SOHO,プロジェクト)
2モデルサイト公開実用化実験開設(インターネット)について

「悩む力」姜尚中(カンサンジュン)より
人と人とのきずなや関係、コミュニケーションが相互の信頼によって支えられる。

今、世界の流れ、阪神大震災でのインターネットの活用などから、インターネットの活用は多くの人とのコミュニケーションにとても便利な通信手段であると気がつきました。
しかし、便利さだけの追求で最近多くの歪も現れてきました。
私達は、もしインターネットの便利さを安全に利用できたら、私たちの生活は格段に向上するのでは・・・そんな思いを込めて生きていくうえでコミュニティはとても大切で、良いコミュニケーションとはどんなことだろう?と考え悩みながら7年かけて継続開発してきました。(非匿名で安全確保のソリューション開発)

今、誰がなにをしても何が悪いの・・・など、社会はもはや無法地帯です。このように情報の重要性も薄れてくる世の中で、殺伐とした世相と希望の見えない社会。こんな状態で、今頃、人と人をきずなとして繋ぐソフトは役に立つのだろうかと不安が一杯のときに・・・
この社会を生きていくためには、家族のきずな、人と人の支えあいが実感できることが大切です。不思議な出会いで、姜尚中先生の本「悩む力」に出会いました。

・・・・・悩む力   姜尚中(カンサンジュン)より・・・・
人と人とのきずなや関係、コミュニケーションが相互の信頼によって支えられ、それが個々人のアイデンティティに安らぎをもたらしているのならば、経済的な困難や政治的不正が横行していても、未来への希望がかすんでしまうことはないはずです。
・・・・・・・・・・
 このような人と人とのきずなとアイデンティティを非匿名性で確保した、安全なスペースと相互の信頼できる通信ソフトを備えたインターネットスペース、「せせらき」(個人) 「エプラビゼ」(SOHO、プロジェクト)がようやく完成しました。

しかし、現状で満足できるものではありません。これを皆さんがご利用していただき、人と人のきずなとアイデンティティに安らぎをもたらして、はじめてお役に立ちます。
 微力な私たちだけでは、立ち上げが困難な状況です。現在の無法地帯のインターネットを安全な人と人のきずなとして御互いが信頼できるコミュニケーションをご希望している方がいる事を信じております。ご協力お願い申しあげます。

株式会社 プログレス 代表
環境メディアコミュニケータ 西子雅美

西子雅美ブログ http://go3it.blog77.fc2.com/

go3it(ジー・オー・スリー・イット)は株式会社プログレスの商標登録です。
Copyright © 2005-2008 PROGRESS Co., Ltd. All Rights Reserved

Message